格安トイレ交換・トイレリフォームランキング

ホーム > リフォームについて > せっかくなら使いやすい設備をつけてもらう

せっかくなら使いやすい設備をつけてもらう

 住宅設備の中で、傷みやすいところとして水回りがあります。傷みやすいので最初から頑丈には作られていますが、それでも傷んできます。
 また、利用者の年齢によっても使い勝手が変わることがあるので、それに応じた変更が必要になります。
 建てた状態のままずっと使い続けるより、使いやすくした方が良いこともあります。年数が経てば、その時の最新の設備なども利用できるので、その中から新たに設置するタイプを選ぶとよいかもしれません。


 水回りの一つとしてトイレがあります。今は洋式水洗が一般的ですが、まだまだ和式水洗、和式汲み取りなどもあります。
 こちらのサイトは、水回りなどのリフォームを行う業者の情報などをチェックすることが出来ます。各業者の価格なども見ておく必要がありますが、それ以上に気にしたいのが機能です。
 ただ用が足せればよいのではなく、快適に利用できるタイプを選ぶことを考えてみましょう。日本で発明されたものとして温水洗浄器などは良く知られています。
 温水洗浄器では、便器メーカーとの適合性を考慮する必要があります。一応はそれぞれ別々のメーカーにしても使えるようになっています。
 ただ、各メーカーは、自社のメーカーの製品同士で適合しやすくなっています。場合によっては、使えないこともあります。
 便器はこちらのメーカ、便座はこちらのメーカーとそれぞれで選べないこともあります。長期的に安心して使うのであれば、同じメーカーで統一した方が良いようです。


 夏はそれほど気になりませんが、冬に座ったときにひんやりするのは困ります。座った瞬間に血圧が上昇することもあり、高齢者には良くありません。
 温めるタイプがありますが、継続的に温めるタイプと、利用するときだけ瞬間的に温めるタイプがあります。電気を使用する量が異なるので、瞬間的に温めるタイプの方が経済的です。
 ただ、特別な機能になるので、継続的に温めるタイプよりも高めになります。長い目で見ると、節約タイプの方がお得でしょう。
 トイレを利用するときは蓋を開けて行い、利用が終われば蓋を閉じます。何気ない行為ですが、高齢になってくるとどちらもつらくなる場合があります。
 自動的に開閉をしてくれるタイプがあり、開閉作業をしなくて済みます。この機能が付くと高くはなりますが、負担は大幅に減ります。
 その他汚れが付きにくい素材が付いているタイプも助かります。比較的汚れやすい部分なので、拭くだけで掃除ができると掃除が楽になります。作業の負担を減らしてくれます。

カテゴリー

PAGE TOP